生命化学科3年生の研究室見学会が行われました

 10月17日(水)に生命化学科3年生の研究室配属に向けた研究室見学会が行われました。3年生の皆さんは実験装置を興味深く見学したり、先輩の話に真剣に耳を傾けている様子でした。研究室所属学生の皆さんも新しい仲間を迎えようと説明に力を込めていました。見学会後の交流会では、3年生と研究室所属学生・教員を交え、3年生が個々の研究室についての理解を深める場となりました。研究室所属学生によるプレゼンや先輩・先生方の個々の説明などを通じて、生命化学科の研究室では皆楽しんで研究に取り組んでいることを良く理解していただけた様子でした。

DSCF3238  皆さん、普段見慣れない実験装置や実験器具に興味深々です。
DSCF3228  先輩も、良い後輩に来てもらおうと頑張って説明してくれました。
DSCF3245  先輩が実験をしている場面も見学し、次年度の様子をイメージできたのではないかと思います。
DSCF3261  交流会には大勢の先輩や教員も参加していたので、学科全体の雰囲気が伝わったと思います。
DSCF3292  研究室所属学生の皆さんも、それぞれの研究室の良さを面白おかしく説明してれました。
DSCF3307  後半は入り乱れて、3年生の皆さんは色々な研究室の先輩や先生の話に耳を傾けていました。
DSCF3315  行きたい研究室は決まりましたでしょうか?皆さんの来室を楽しみに待っています!

 生命化学科では、3年生4Q科目「生命化学特別研究」の履修により、3年次4Qから研究室配属できます。少し早い時期から最先端の研究に携わることで、学科で学んだ知識の実践の場とすることができます。研究室によっては早期に研究テーマをもらえますので、就職活動の際に役立つとともに、大学院進学を見据えた高度な学力修得に向けた活動も可能です。生命化学科の取り組みについて詳しく知りたい方は、学科ホームページからお問合わせいただければお応えいたしますのでお気軽にご連絡ください。