工学院大学先進工学部 生命化学科

ナノ化学研究室

ナノの世界で化学する

研究室の概要

キーワードナノピペット、プローブ顕微鏡、細胞工学

私たちは、ナノスケールのプローブ、つまり「ナノプローブ」を使って、様々な物を見て操る研究に取り組んでいます。液体中のイオン濃度をナノスケールで観察したり、固体の表面に分子を並べて操作したり、ナノの世界での化学を研究します。ナノプローブで何ができるか?それは想像力次第でいくらでも広がっていきます。

研究テーマ

ナノピペットプローブを用いたナノ化学

ナノピペットを生きた細胞に刺して核移行シグナルを持つ分子の注入や、カリウムやカルシウムなどの特定イオンの局所検出を可能にする技術の開発や、ナノプローブを操作するためのロボットも開発しています。

細胞への高効率分子注入のための
要素技術開発

ナノピペットで高効率に分子注入を行うための要素技術開発をしています。具体的には、注入するナノピペットをガスフロー法で非破壊検査するシステムや、ピペット先端表面のコーティング技術を開発しています。

走査プローブ顕微鏡による分子操作

走査トンネル顕微鏡を主として、固体と液体との界面に吸着した分子を操作する研究を行っています。

蛍光蛋白質mNeonGreenを付加したHMGB1蛋白質のHeLa細胞への注入

蛍光蛋白質mNeonGreenを付加した
HMGB1蛋白質のHeLa細胞への注入

指導教員

高見 知秀 教授
専門分野
物理化学
ナノバイオサイエンス
細胞工学

研究室HP