工学院大学先進工学部 生命化学科

生体機能化学研究室

コラーゲンが多彩な夢の入り口

研究室の概要

キーワード細胞、組織、コラーゲン、細胞外マトリックス、ヘビ毒、血管新生

生体内で細胞の周囲にあって細胞の機能の維持に必要な環境のことを細胞外マリックスと呼んでいます。コラーゲンは細胞外マトリックスを構成する成分の一つです。ウシやナマコなど生物から種々のコラーゲンを取り出し、その利用法を開発しています。コラーゲンを基質として細胞を培養すれば、生体内の細胞環境を生体外に再現することができます。

研究テーマ

コラーゲンを用いた新規培養基質の作成

ナマココラーゲン線維などを用いて、細胞培養の基質となる新規の培養法を開発しています。例えば、細胞とコラーゲンからなる細胞塊は組織代替として利用できます。

血管新生を制御する低分子化合物の開発

コラーゲンなどの基質を利用し、生体内での細胞の分化を再現することができます。例えば、血管様構造体を作製し、これを制御可能な低分子化合物の探索や開発に役立てます。

培養条件を変えることで血管様構造体(赤)を再現

培養条件を変えることで
血管様構造体(赤)を再現

ヘビ毒を用いた生体機能の解明

ヘビ毒成分には細胞とコラーゲンをはじめとする細胞外マトリックスとの相互作用を調整するものがあります。このような成分の分子構造とその働きを解明し、細胞の機能を制御する方法を探ります。これらは健康の維持や疾病の治癒に役立てることができます。

紹介パネル

指導教員

今村 保忠 教授
専門分野
マトリックス生物学
生物化学
細胞工学

辛 英哲 准教授
専門分野
生化学
分子生物学
血栓止血学

最近の原著論文

  • Imamura Y., Tsuboi S., Sugiyama T., Kittaka A., Shin Y. (2015). O. J. Med. Chem., 5, 1-8.
  • Yasui E., Takayama K., Nakago T., Takeda N., Imamura Y., Nagumo S. (2014). Chem. Pharm. Bull., 62, 304–307.
  • K. Wannemacher, H. Jiang, P. Hess, Y. Shin, K. Inoue, L. Brass (2013). J. Thromb. Haemost., 11, 2190–2193.
  • Mizuno K., Bächinger H. P., Imamura Y., Hayashi T., Adachi E. (2013). Connect. Tissue Res. 54, 41-48.

研究室HP