工学院大学先進工学部 生命化学科

医薬化学研究室

医薬品のタネを本気で探す!

研究室の概要

キーワード医薬化学、創薬化学、創薬、ケミカルバイオロジー、天然物化学、医薬シーズ探索

私たちは、画期的新薬の創製に挑んでいます。SBDD等の合理的分子設計や各種スクリーニングにより医薬シード化合物を見出し、実践的な医薬化学研究により医薬開発候補化合物へと磨き上げるため、化合物設計・合成・生物活性評価を総合的に遂行しています。また、フィールドワークにより採取した海洋生物などから医薬シード化合物を探索し、その機能を解明する研究も実施しています。

研究テーマ

実践的な医薬化学研究による
画期的新薬候補物質の創製

抗がん剤や抗アレルギー剤領域における実践的な医薬化学研究により、医薬品の候補となりうる化合物の創製を目指しています。また、医薬化学研究は有機合成化学を土台としているため、医薬品合成に適用可能な新しい有機化学反応も開拓しています。

キヌレニン産生経路を標的とした
医薬化学研究

キヌレニン産生を指標とした評価系により当研究室オリジナルの化合物ライブラリーをスクリーニングし、新規抗がん剤のタネを見出すとともに、その作用機序を解明しています。

天然からの新規医薬シーズの探索

ヒト培養細胞を用いた評価系を活用し、フィールドワークをベースに海洋生物や微生物から天然由来の新規医薬シード化合物の探索に取り組んでいます。

紹介パネル

指導教員

松野 研司 教授
専門分野
医薬化学
創薬化学
有機合成化学

大野 修 准教授
専門分野
天然物化学
細胞生物学
ケミカルバイオロジー

最近の原著論文

  • Kuroiwa, K., Ishii, H., Matsuno, K., Asai, A., Suzuki, Y. (2015). ACS Med. Chem. Lett., 6, 287-291.
  • Watanabe, A., Ohno, O., Morita, M., Inuzuka, T., Suenaga, K. (2015). Bull. Chem. Soc. Jpn., 88, 1256-1264.
  • Matsuno, K., Ueda, Y., Fukuda, M., Onoda, K., Waki, M., Ikeda, M., Kato, N., Miyachi, H. (2014). Bioorg. Med. Chem. Lett., 24, 4276-4280.

研究室HP